HOME | OZ-TTB

TTB 真空管Buffer/DI


真空管を通してはじめて得られる本物の真空管サウンドを実現


Kemperをはじめとしたプロファイリングアンプや、モデリングアンプ、シミュレーターなど自宅録音を手助けする強力なツールが近年数多く開発され、宅録環境は随分と発展しました。
しかし、これまで実際にアンプにマイクを立ててレコーディングを行ってきたミュージシャンの方々の多くは「FenderやMarshallの音とは何か少し違う」感覚も同時に持たれていて、実際にoz designにもここ数年、真空管のBufferを作って欲しいというオーダーが数多くありました。
モデリングアンプのほとんどは実際のアンプの特性を主にデジタル解析し、それらをトランジスタ、オペアンプICなどでアナログオーディオ出力しています。
TTB - True Tube Buffer- は、このシグナルパスに真空管アンプを実際に通すという発想で、oz designが拘りぬいて開発した真空管Bufferです。

高品質オーディオトランス搭載


アンサンブルの中で、音に存在感と深みを与えます。
英国Carnhillトランスを入力に搭載し、しっかりと存在感があり、程よくピーキーなところが削れるので、真空管の質感と相まってとても心地よいサウンドです。

12AU7を採用しローノイズ且つ艶のあるサウンド


真空管には12AU7を1本使い、ローノイズを実現しています。
缶タイプのトランジスタも使い、ローインピーダンスで出力します。これにより、KemperなどのHIインピーダンスインプットは勿論、インターフェースなどのLOインピーダンスインプットにもダイレクトに入力することが可能です。
モノラルのシンセや、アコースティックギターのライン録音など幅広くご利用いただけます。

DIアウトオプション


ライブ現場や、モデリングアンプを介さないレコーディングなど、アンバランスのみの出力では不便なこともあります
本機では、オプションで高品質オーディオトランスによるXLRアウト端子をお付けし、DIとしてもお使い頂けます。

 コンパクトで魅力的なデザイン


 

サイズはW141mm×H91mm×D138mmですので、バッグに入れて持ち運べる大きさです。
oz君が手を伸ばした先に電源スイッチがあり、電源を入れるとサカナの目が光ります。
 

■入力インピーダンス 480kΩ
■出力インピーダンス XLR Out : 100Ω / フォン Out : 100Ω
■入力端子 Input (アンバランスフォン)
■出力端子 Buffer Out(アンバランスフォン)、Thru Out(アンバランスフォン)
※オプションでXLR(バランス)Outも追加可能
電源 専用アダプタ接続
付属品 本体/アダプタ/取説(保証書)
■重量 700g
寸法 
W141mm×H91mm×D138mm


ギター単体のCutting演奏。
前半:Kemper直 後半:Kemperの前にTTBを挟んだ音。
Kemperの設定は同じで、最終的にプラグインでReverbだけ追加しました。
 
 

ギター単体のClean演奏。
前半:Kemper直 後半:Kemperの前にTTBを挟んだ音。
Kemperの設定は同じで、最終的にプラグインでReverbだけ追加しました。
Guitar player : 照井順政(sora tob sakana音楽プロデューサー, siraph, ハイスイノナサ)Twitter
※照井氏のモデルは通常製品版とほぼ同じ仕様ですが、電源部分を更に拘ってあります。
気になる方はお問合せからご連絡ください。

TTB


定価 59,900円(税込)
送料800円(一律)

数量

決済方法について
送料/代引き手数料について
お問い合わせ
カートを見る
 

TTB DI機能(XLR Out)付き


定価 74,900円(税込)
送料800円(一律)

数量

決済方法について
送料/代引き手数料について
お問い合わせ
カートを見る